疲れが取れる寝方パーフェクトガイド。コツは足元を温めるコト

疲れが取れる寝方
スポンサーリンク

今回は、疲れが取れる寝方のコツをご紹介いたします。

goro uchiyama
ど~も、恵比寿整体院の内山です。

疲れをとる、疲労回復は東洋医学の得意分野です。できれば疲労を次の日に持ち越さず、朝起きたときには「よっしゃ、今日もやったるか」くらいの気力に満ちた体調で起きたいですよね。

疲れが抜けない、疲れやすいというのは体の冷えや瘀血(おけつ)といった血液の循環の悪い状態が引き起こしています。

ですので、冷えや瘀血(おけつ)といった状態を積極的に改善していく東洋医学は疲労回復が得意なんですね。

今回は大変効果的な疲れの取れる寝方のコツ、体の冷えの取り方、冷えとりをメインにストレッチや抱き枕なども併せてお伝えしますので、ぜひ今日からお試しください。


疲れが取れる寝方のコツ

疲れが取れる寝方のコツ、それはずばり足元を温めて寝ることです。湯たんぽや絹靴下などで足元を温めて寝るととても気持ちよく効果的に疲れの取れる睡眠環境にすることができます。

また痩せている人などは抱き枕などで、身体の部分的なところだけに負担がかからないようにするのも質の良い睡眠のために必要です。

疲れの取れる寝方はちょっとしたコツや工夫で実現することができますので、一つずつご説明していきますので、ご自身にあった方法を実践してみてください。


柔らかいほうがいいのか、硬いほうがいいのか?

ベッドや布団は柔らかいほうがいいのか、硬いほうがいいのか?恵比寿整体院でもよくいただくご相談ですが正解はありません。

なぜなら体格は人それぞれなので、細身でお肉のクッションがないような方は柔らかいほうがいいし、ゆったり目の体型の方はお肉がクッション代わりになりますから硬いほうが合うコトが多くあります。

また個人個人好みがありますので、疲れの取れる寝方のためのベッドの柔らかさ・硬さは個人のお好みで決めてください。

ただ、疲れを取る睡眠のコツはリラックスして寝ることができる寝方にあります。体や心の緊張が抜けないようではどんな寝床でもよくありません。


痩せている人には抱き枕

I LOVE 抱き枕、しかも大きいやつね。私はやせ型なので抱き枕愛好家です。スポーツ選手にも抱き枕愛好家は多いと聞きます。きっと筋肉が発達しているので何かしらの支えがほしくなるんですね。

また腰痛や股関節が痛いなどの症状がある人にも抱き枕はおススメです。腰や体の負担のかかる部分を軽減することができます。

腰痛の為の寝方パーフェクトガイド

疲れの取れる寝方と抱き枕

横向きで抱き枕を抱えると、さらに腰への負担が軽減できます。安心感もありますね。また腕で抱き枕を抱えると肩や首への負担も軽減できます。

一緒に寝てくれる方がいる方は相方を抱き枕代わりにするのも有りですが、いつも抱き枕代わりにされていてはね、たまにならいいけどね。


とっても気持ちがいい湯たんぽ

湯たんぽ

昔ながらの陶器の湯たんぽは熱が体へ伝わりやすいようにできています(遠赤外線効果)。

はい、こっからが疲れが取れる寝方の大事なところ、足元を温めて寝る方法です。

足元を温める、これは冷えとりの基本路線ですので少し「万病のもと 冷え」について解説しますね。

身体は寝ている間、身体が活動していないときに疲れから回復していきます。新鮮な血液が老廃物を運び去り、新鮮や栄養や酸素を身体中に行きわたらせることで、私たちの身体は日々、疲労から回復していきます。

血液の流れのいい状態、これが健康のためには欠かせないのですが、人間の身体は下半身が冷えやすく反対に頭部はのぼせやすい性質があります。

温かい気は上昇して頭で停滞して、冷えた気は下降して下半身に停滞します。これは全身の気の巡り、血液の巡りが滞るコトを意味しています。

冷えにより血液の流れが滞ると、血液が汚れている状態、瘀血(おけつ)という状態に陥ります。

疲れと深い関係の瘀血(おけつ)とは?:

身体のうっ血や充血。東洋医学では瘀血(おけつ)、汚れ血、ふる血ともよばれ悪血ともいいます。本来、体の中をサラサラとスムーズに流れるはずの血液が、体のあちこちで滞ったり、血液そのものが汚れてドロドロした血になり流れにくくなった状態を東洋医学では「瘀血(おけつ)」と言います。

血流が悪くなってくると粘性を帯びてきます(食べ過ぎてもなります)、イメージ的にはまさにドロドロした血液ですね。

瘀血は循環全体のこともあれば、特定の場所に現れることもあります。特に停滞しやすいのが下半身や下腹部の内臓ですが、この瘀血が体にさまざまな問題を引き起こすのです。

冷えや瘀血といった状態は、血流の悪い状態・気の流れの悪い状態ですので、体が疲労から回復する機能を激しく損ないます。

ということで、この冷えや瘀血を積極的に改善していこうというのが「the 冷えとり健康法」です。

【冷えとりの基礎知識】冷えと瘀血(おけつ)って何?


この冷えや瘀血の改善、疲れが散れる寝方に大変役立つのが湯たんぽです。

特に冷えやすい女性に人気の湯たんぽですが、実は子供にも大人気なのです。子供は本能的に冷えを嫌います。本能的に気持ちよさを求めているって言ったほうがいいかもしれませんね。

お子さんがいらっしゃる方はお子さんにも湯たんぽを入れてあげてください。

プラステック性や金属製、陶器などの素材の湯たんぽがありますが金属製やプラステック製は冷めやすいです、熱伝導もあまりよろしくない。

恵比寿整体院でおススメしているのは陶器の湯たんぽです。私も愛用しているのですが陶器の湯たんぽは冷めにくく体の深部まで熱が浸透できる素材です。

恵比寿整体院でも売っていますが(そのうちブログから買えるようにします)、amazonでも3000円くらいで売っていますのでポチりましょう。

疲れが取れる寝方のために、湯たんぽを置いておく所は足元です。腰やお腹当たりに置いている方もいらっしゃいますが、冷えの改善、疲れを取るには足元に置くのが効果的です。

陶器の湯たんぽはそのままだと熱すぎますので、カバーをつけて足元においておけば朝まで温かく、気持ちよく朝を迎えられますよ。


絹靴下もハズせない

足を温めて寝るコツ

絹の五本指の靴下を履いたり、冷えが強い方は重ねて履いたりもします。

冷えとりの必需品、絹靴下ですがこれも女性に人気がありますね。絹は天然素材の中でも高品質、保温効果があり汗などの余分な水分を放出してくれる優れものです。

足が蒸れやすい男性にも人気がありますね。冬はぽかぽか夏はサラサラの絹靴下ですが日常的に履いていただいたり、就寝時にも履いていただければ効果的に体の冷えを改善でき、疲れを取る寝方には欠かせないモノです。

goro uchiyama
ご紹介した湯たんぽと絹靴下で疲れの取れる寝方、質の良い睡眠環境は簡単に実現できます。

あと必要な人は抱き枕ね。抱き枕・湯たんぽ・絹靴下で疲れの取れる寝方の三種の神器(笑)。

また温かければ何でもいいというわけではなく、電気の温かさ、化学繊維の熱をこもらす性質は気の流れを阻害してしまうのでおススメはしません。

就寝時には特に、化学繊維や電気の熱は避けましょう。



疲れを取る寝方に役立つコト

上記の疲れを取る寝方の三種の神器でも十分に役立ちますが、疲れやすい方や慢性的な症状がある方の為に疲れを取る寝方に役立つことをご紹介します。

まずハズせないのは半身浴です。身体の緊張が抜けにくい方、腰や肩など身体の部分的なところが特に疲れている方には、自分でコリをほぐせるストレッチやツボがお役に立ちます。


疲れを取る効果的な入浴法・半身浴

半身浴も効果的な冷えとりですが、半身浴をしてからの睡眠は疲れをとる定番です。

なにも寝る直前ではなくても構いません。半身浴でしっかり体の深部まで温まったら何時間も体が温かい状態が続きます。

疲れているときほど長めに半身浴をしたり、調子の悪いときも長めに半身浴をしたりして、簡単に自分で体調を管理できるのもいいですね、お手軽ですしね。

疲れの取れる睡眠のための半身浴のやり方:

半身浴
  • お湯はみぞおちくらいまで、心臓は温めません。
  • 下半身だけ温めたいので、腕は必ず出して入ります。
  • お湯の温度は39~40度くらい、熱すぎはいけません。
  • お腹の中が温まるまで20分は入ります。長い分にはいくら長く入っても良いです。
  • 工夫して半身浴を楽しみましょう。

さらに詳しくは体を柔らかくする半身浴のやり方をご参照ください。

腕を温めないこと、心臓は温めないこと、上半身を温めないことがコツです。


疲れの取れる寝方に役立つストレッチ

疲れの取れる寝方のために、身体のどこかが痛かったり症状がある方はお悩み別ストレッチをご参考ください。

特に疲れやすいのはお腹の中の大腰筋です。大腰筋は体(背骨や体幹)を支える大事な筋肉ですがお腹の中にあり、直接には触れることができません。ストレッチのような運動療法でしかケアできない筋肉ですのでまずはここをストレッチされることをおススメします。

体の疲れをとる基本・大腰筋のストレッチ
股関節の痛みのストレッチ

症状別疲れを取るストレッチ



身体の疲れ、コリをとるツボ

ツボはコリや身体の部分的な疲れが取れないときにはとても重宝します。難しいツボの探し方や圧し方を各記事で丁寧に解説していますので、症状にあったツボをマスターしてください。

身体の疲れを取るツボ



まとめ

goro uchiyama
疲れの取れる寝方のコツをご紹介させていただきましたが、湯たんぽに絹靴下、半身浴、これは疲れを取る寝方だけではなく健康と美容の実現には欠かせない、冷えとりの王道です。

この冷えとりを基本にして、症状のある方はストレッチやツボも活用してください。

ここにご紹介した内容で十分に疲れを取る寝方を実現できると思います。

また不眠症や慢性的な症状でお悩みの方は、東洋医学の専門家、鍼灸や指圧、漢方などの専門家にご相談されることをおススメします。



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です