おススメの腹筋ローラーと使い方。目指せ6pac!

腹筋ローラー
スポンサーリンク

今回は腹筋のみならず体幹を鍛えるのに最適な腹筋ローラのご紹介。

お腹を重要視するのは日本の文化。このストレッチ・ツボガイドでもお腹の中にある丹田(たんでん)を鍛える運動などもご紹介してきましたが、お腹って体の中心であり気の中心(丹田)でもあるためお腹に力がないと重心も定まらないし、体の軸も定まらずにフラフラ、気は体と心の作用なのでお腹に力がないと体の動きだけではなく精神も方向性が定まらずにフラフラになってしまうんですね。

だから東洋的な鍛錬法ではお腹(丹田)を鍛えて体だけではなく精神の安定をも目指すのです。

まぁ、今回は気のお話は飛ばしておススメの腹筋ローラーのレビューをしたいと思います。

腹筋ローラーは安いし手軽に効果的にお腹を鍛えられるので一家に一台は欲しいところ。

おススメの腹筋ローラーと使い方をご紹介しますので、腹筋を効果的に鍛えたい方はご参考ください。目指せ6pac。


おススメの腹筋ローラー

腹筋ローラーはいろいろありますが機能的にはどれも同じです。安いものでも高いものでも構造は一緒。

安くて買いやすいのはamazonとうことでおススメはこれ。


腹筋ローラー

完成品ではなく自分で組み立てます。

腹筋ローラーの中身

膝のクッションマットと説明書、鍛え方もついています。

腹筋ローラーの組み立て方

グリップを抜き、

腹筋ローラーの作り

ローラーを入れて

腹筋ローラー完成

グリップを入れるだけ。

腹筋ローラー完成

組み立てが苦手な女子でも10秒で組み立てられます。



腹筋ローラーの使い方

腰などを痛めないようにまずは膝をついていけるとこまでいきましょう。

トレーニングは少しずつ自分の限界を上げていけばいいので、初めは自分のできる限界の回数×3セットを目指しましょう。


初級編

初めての腹筋ローラーの使い方

まずは膝をついておこないます。結構膝が痛くなるのでクッション付きでありがたい。

腹筋ロラーの使い方

ゆっくり前にいきます。この辺が限界の人はここから戻します。

腹筋ローラーの使い方

いける人はいけるとこまで行きますがお腹をつけずに行います。

腹筋ローラーの使い方

女子でここまで行ければ上等です。

腹筋ローラーの戻り方

戻るときもゆっくりと反動をつけずに動いてください。何事も戻るときの方がつらいんですね。

腹筋ローラーに限らず、トレーニングの基本は反動をつけずに行うこと。お腹だけに負荷をかけて効果的に腹筋を鍛えられるようにするのは、極力反動をつけずに腹筋の力だけで行って・戻ってを行うことです。

初めのうちは、自分の限界のところ・回数×3セットを目指してください。

初心者ならまずは3回×3セットが目標。次は5回×3セット。

3セットできるようになったら5セットに伸ばしましょう。

これだけでも十分に体幹を鍛えることができます。


中級編

膝をついて限界×5セットまでできるようになったら、次の段階。

腹筋ローラー中級編

膝をついて10回×3セットくらいができるようになったら、膝をつかずに行います。

腹筋の鍛え方

ゆっくりと、

腹筋ローラー膝無し

ゆっくりと、

腹筋ローラーの使い方

限界まで。この子はなかなかすごい子である。女子でここまでできれば十分。

腹筋ローラーの転び方

ダメなときは膝をついてお腹をついて腰に負担がかからないようにしましょう。

腹筋の鍛え方

実は戻るときの方が腹筋は鍛えられるので、戻れるところまでいってしっかり戻れるようにしましょう。

これも徐々に3回×3セットから5回×5セットを目指しましょう。

goro uchiyama
腹筋ローラーのように大きな負荷をかけるトレーニングは毎日行う必要はありません。

腹筋は回復が早いので毎日行ってもいいのですが、2,3日に一回(できる回数×3,5セット)で十分です。

腹筋ローラーの前後にお腹のストレッチを行っていただければ更に安全に効果的に腹筋を鍛えることができます。

今回レビューした腹筋ローラーはこれ↓



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です