施術の手引き・不妊症

不妊症
スポンサーリンク

恵比寿整体院が贈る気の癒し・施術編。今回は不妊症への施術の手引きをご紹介していきます。

不妊症への施術の手引き

不妊症には、器質的な要因と機能的な要因があり、組織の異常、卵管閉塞や染色体異常、子宮奇形などの場合はしかるべき医療機関での治療が必要です。

不妊検査を受けて特に不妊の原因が見つからない、つまり器質的な不妊の原因がなくても妊娠に至らない場合を、「機能性不妊」と呼びます。

この機能性不妊には老化、子宮卵巣機能の低下、ストレス、自律神経の乱れ、ホルモンバランスの異常など様々な要因があげられますが、このようなタイプの不妊症は、身体の状態をよいものにしていく体質改善がとても重要です。

東洋医学はこのタイプの不妊症の改善が適しています。積極的に気の滞りを改善して血液の流れの良い状態にして、身体の循環障害の根本的な原因である冷えや瘀血(おけつ)を改善していくのです。

古来から、漢方や鍼灸など、不妊症に適する処方や施術法、不妊症によいとされるツボ、生薬などがあります。

しかし、これらの処方や手法は不妊症を治す、といったものではなく、そのほとんどは気の滞りを改善して気の流れ、血の流れを改善していくものです。

よーするに、身体をより健康な状態、血液の流れの良い状態に導くのですね。

事実、不妊症に多く見られる機能的な不妊にはこのような東洋医学的な手法や処方が効果的だったという古来からの経験の積み重ねがありますから、体質改善が必要のような方には積極的に冷えや瘀血を改善していける手法で快方に導いてあげてください。

不妊症に対する施術について

身体の状態をよりよいものにしていくためにツボや経絡への施術は効果的ですが、~を治す、という考えは捨てなければなりません。

ほかの症状でも同じですが、症状を出す必要のない状態、心身の機能の活性化した状態に導くコトが施術の目的です。

もちろん、不妊症には特徴的な気の歪み、経絡の歪みがあることもあります。

生殖器を司る腎経・膀胱経、子宮卵巣機能は健全な血液の流れが重要ですから、血管を司る小腸経問題などが多くみられます。

しかし、このような気の歪み、膀胱虚、腎虚、小腸虚といった状態は(虚とは気の不足という意味です)は冷えや瘀血(おけつ)の結果の気の歪みが原因ですので、気の歪みを改善するとともに、説教的に冷えや瘀血を改善していく指針が大事です。

私の施術の方針としては、全身への基本の手技、特にお腹への施術を丁寧に行い、日常的に下半身を温めて冷えや瘀血を改善して子宮卵巣機能が活性化した状態に導いてあげるよう心がけています。

お腹の経絡

お腹の経絡

不妊症への施術

不妊症に限らず、冷えやお血が深い人、気の滞りが強い人にはお腹への施術を丁寧に行います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です