短腓骨筋のストレッチと働き・足首を外に動かす(外反する)筋肉です。

短腓骨筋のストレッチ
スポンサーリンク

下腿の筋肉、短腓骨筋のストレッチのやり方と働きの解説です。

短腓骨筋は長腓骨筋と同じく足首を外に動かす(外反する)筋肉なので、短腓骨筋のストレッチは長腓骨筋と同じ形になります。

goro uchiyama
ど~も、恵比寿整体院の内山です。

短腓骨筋は腓骨を起始とする筋肉ですが、私は腓骨が完全骨折して折れた腓骨が脛骨を押し出しての脱臼経験者なので未だに右足の短腓骨筋あたりがコッてるのね。

腓骨筋と名がつくものには、この短腓骨筋の他に、長腓骨筋第三腓骨筋がありますが、腓骨は下腿の外側の骨なので、3つとも足首を外側に動かす(外反する)筋肉です。

で、一つの筋肉には主な働き、動きが一つあり、筋肉には初めと終わり、起始部・停止部といったものがあります。

筋肉の起始や停止、働きを理解し、その筋肉の働きと逆の動きをすれば、その筋肉をストレッチすることができます。

短腓骨筋のストレッチのやり方とともに、短腓骨筋の働きや機能解剖能なども解説しますが、解剖学的なことがめんどくさい方は飛ばして、短腓骨筋のストレッチのやり方をご参考ください。

ストレッチ基礎知識

足首カテゴリーまとめ記事


スポンサーリンク




短腓骨筋の機能解剖

腓骨

下腿の骨格はあまり聞きなれないかもしれませんが、脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)です。すねの骨である脛骨に対し、腓骨は御覧の通り細い骨です。

短腓骨筋の機能解剖

腓骨から小指側につく筋肉なので、短腓骨筋は足首を外側に外反する筋肉です。

起始:腓骨外側下方2/3

停止:第5中足骨の横(茎状突起)

神経支配:浅腓骨神経

触診:第5中足骨の横(茎状突起)で腱を触れます。


短腓骨筋の働き

短腓骨筋は足首を外に向ける動き(外反)の主働筋です。

短腓骨筋の外反

この短腓骨筋や長腓骨筋などの足関節を外反する筋肉が弱かったり発達していないと、足首が自然に内反してしまう状態になります。

長腓骨筋と内反

足首が内反気味の場合は足首をグキリやすいです。短腓骨筋などはきれいな歩き方にも影響する筋肉ですね。


足関節の動き別の筋肉ストレッチ

足首を底屈する筋肉
腓腹筋のストレッチ
ヒラメ筋のストレッチ

足首を背屈する筋肉
第三腓骨筋のストレッチ
前脛骨筋のストレッチ

足首を外反する筋肉
長腓骨筋のストレッチ
短腓骨筋のストレッチ

足首を内反する筋肉
前脛骨筋のストレッチ
後脛骨筋のストレッチ

足の指の動き別の筋肉ストレッチ

親指を伸展、屈曲する筋肉
長母趾伸筋のストレッチ
長母趾屈筋のストレッチ

親指以外を伸展、屈曲する筋肉
長趾伸筋のストレッチ
長趾屈筋のストレッチ


スポンサーリンク




短腓骨筋のストレッチ

短腓骨筋のストレッチですが長腓骨筋のストレッチと同じ形でストレッチできます。

簡単な短腓骨筋のストレッチを一つと、より深く短腓骨筋をストレッチできる形を一つご紹介いたします。


簡単な短腓骨筋のストレッチ

長腓骨筋のストレッチ

膝を曲げ手で足首を内反、背屈することで短腓骨筋がストレッチできます。

手で他動的に足首の内反(内側に向ける)、背屈(足先を上げる)で短腓骨筋はストレッチできます。


深く内反する短腓骨筋のストレッチ

更に深く短腓骨筋をストレッチしたい場合は、胡坐をかいて足を組み前傾します。

深い短腓骨筋のストレッチ

足首が柔らかい方は足を組み、

胡坐で行う短腓骨筋のストレッチ

下にある足側の手を反対の膝に当てます。上にある足側の手を逆の膝に当てます。

ストレッチ完成形

前屈。この形はとても深く短腓骨筋や足首をストレッチすることができます。

これは左右行うので、足の組み方を変えて左右行ってください。

足首を深く内反できるストレッチですが、短腓骨筋のみならず下肢の側面の筋肉が気持ちよくストレッチできる形です。

足首がある程度柔らかくないと足を組めないので、足が組めない方はこのストレッチは無かったコトにしましょう(笑)。

足首のストレッチ、足首を柔らかくする方法すねのストレッチとしてもご紹介している形ですが、短腓骨筋のような体の側面のスジって結構、ストレッチがしにくいんですね。

体の外側の側面は気の流れ(経絡)でいうと、胆経や肝経が走行していて、関節の力強さや腱を司ります。

経絡について詳しく知りたい方は胆・肝経の働きとストレッチをご参考ください。

goro uchiyama
ご紹介した短腓骨筋のストレッチは上手くできましたか?

短腓骨筋は足首を外側に動かす筋肉なので、足首を内側に内反すればストレッチできる筋肉ですが、スノーボードやサーフィンなどの横向きのスポーツで特に負担の掛かりやすいところです。

また下腿の側面、短腓骨筋のスジ沿いにはツボもたくさんあり、スジや腱のコリや緊張をとりやすいところでもあります。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です