手首の可動域・屈曲70~90°、伸展65~85°、外転(撓屈)12~25°、内転(尺屈)25~40°

手首の可動域
スポンサーリンク

手首の可動域の解説です。

関節には一般的な可動域というものがありますが、筋肉や靭帯の状態により個人差があり、手首の可動域は特に個人差が大きくでやすい部分です。

手首の可動域関連記事:


手首

手首の骨格

手首の骨格

前腕の骨は2本あり、親指側が橈骨で小指側が尺骨です。

手首と手は橈骨、尺骨を含めて29個の骨、25以上の関節、30以上の筋肉があります。

手の指の動きはとても複雑で可動域も様々ですが、今回は手首の可動域だけの解説です。


手首の可動域

手首の動き別に可動域を記しておきます。


手首の伸展と屈曲の可動域

手首の伸展と屈曲

手首の伸展と屈曲

手首の屈曲とは手首が前腕の前面に向かう動き、伸展は手首が前腕の後面に向かう動きです。

手首の屈曲の可動域:70~90°

手首の伸展の可動域:65~85°


手首の外転と内転の可動域

手首の外転と内転の可動域

手首の外転と内転の可動域

手首の外転は手首が橈骨側に向かう動きで撓屈とも言います。

手首の内転は手首が尺骨側に向かう動きで尺屈とも言います。

手首の外転の可動域:12~25°

手首の内転の可動域:25~40°


手首の可動域・まとめ

手首の可動域をまとめると、個人差はありますがこんな感じですね。

手首の屈曲の可動域:70~90°

手首の伸展の可動域:65~85°

手首の外転の可動域:12~25°

手首の内転の可動域:25~40°

やっていただければわかりますが、手首は外転方向にはほとんど動かないと思います。

スポンサーリンク