施術の手引き・冷えや瘀血(おけつ)が引き起こす問題や不定愁訴 まとめ

冷えや瘀血(おけつ)が引き起こす問題や不定愁訴
スポンサーリンク

恵比寿整体院が贈る気の癒し・施術編。スジのコリが引き起こす症状は解説し終えましたので、今回から冷えや瘀血(おけつ)が引き起こす問題や不定愁訴について施術の指針などを解説していきたいと思います。

身体のスジのコリが引き起こす痛みなどの問題には、正確にスジとツボを施術することで即効的な効果があります。しかし、冷えや瘀血(おけつ)といった全身の循環不良が引き起こす問題、特に冷えやすい体質の女性が陥りがちな、不妊症や婦人病などの問題や、冷え性、便秘などの様々な不定愁訴。冷えで自律神経の緊張が抜けなくなってしまっている状態、また慢性的に気の流れが悪い虚弱体質の改善などは正確なスジやツボへの施術と共に、全身の気の滞りを改善していく「冷えとり」が欠かせません。

このような慢性的な気の滞りが引き起こす問題の改善は、長期的に取り組まなければなりません。一回の施術でOKというものではなく、身体の循環機能が回復するまで日常的に冷えと瘀血を改善していく努力が必要です。

気の歪み、経絡の虚実がそのまま症状として出ることもありますが、冷えや瘀血がその気の歪みの根本的な原因なら、経絡の虚実への施術も大事なのですけど、それ以上に冷えや瘀血を改善していく指針が大事です。

気の歪み、経絡の虚実を把握して施術していくのが基本なので、不妊症や婦人病なら、子宮卵巣機能と関係のある膀胱経・腎経、血管を司る小腸経の問題、腎虚や小腸虚という診断が出ることも多いのですが、経絡の虚実の把握のほかに全身的な体質の把握というものもあります。

全体的な虚証、慢性的に全身的に気の滞りが深い状態というのもあります。実証というのは気の過剰、虚証というのは気の虚弱な状態なのですが、慢性的な冷えや瘀血、下半身の筋力不足、全身的な運動不足、また食事の西洋化などで現代では虚証のタイプが増えています。

簡単に言えば、少し不健康なタイプ、気力体力が落ちてしまっているタイプが多いんですね。血行が悪ければ免疫も落ちてきますし、少しの環境の変化でも体調を崩しやすいタイプの方です。

だから、体質改善に施術の目的をおいて不定愁訴、症状がでる必要のない状態に導いてあげればいいんですね。

もちろん、肉体的な異常、組織の損傷が引き起こす問題もあります。このようなタイプはまず組織の修復、必要ならば外科手術なども必要です。しかし、物として異常がなくても状態が悪いために出てくる症状には西洋医学的な手法は通じません。

これは施術家も心得ていなければなりません。組織の損傷、その組織の修復には自然治癒を待たねばならない場合もあり、必要なら外科手術も必要です。状態が引き起こし症状なのか、モノ的な異常なのか、まずこれを把握してから施術に臨まなければなりません。

次回から、各症状ごとに対する経絡の虚実や施術の指針などを症状ごとに解説していくので、施術の際の参考にしてください。

  • 不妊症
  • 子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫、PMSなどの婦人病
  • 冷え性
  • 便秘
  • 自律神経の乱れ
  • 虚弱体質


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です