股関節の可動域・屈曲0~130° 、伸展0~30° 、外転0~45° 、内転0~30° 、外旋0~50° 、内旋0~45°

股関節の可動域
スポンサーリンク

股関節は比較的に自由に動き、可動域も大きい関節です。

股関節の可動域、股関節を動かす筋肉を記してきます。

各筋肉のストレッチなどは各筋肉の記事をご参考ください。


股関節の動きと可動域

股関節の主な動きには、屈曲と伸展、外転と内転、外旋と内旋があります。


屈曲と伸展の可動域

屈曲する股関節の可動域

股関節を前方に動かす動き、足を上げる動きを股関節の屈曲と言います。腸腰筋(大腰筋)などが股関節を屈曲させる筋肉です。

伸展の股関節の可動域

股関節を後ろに動かす動きは股関節の伸展です。大きく股関節を伸展させるときに大殿筋は働きます。

股関節の屈曲の可動域は一般的には屈曲が0~130°、伸展が0~30°です。

股関節、足はあまり後ろには動けないんですね。

股関節を屈曲する筋肉は主に体の前面にあります。

股関節を屈曲する筋肉:

股関節を伸展する筋肉は主に体の後面にあります。

股関節を伸展する筋肉:

太ももの後ろの筋肉である大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋は総称してハムストリングスと呼ばれます。

スポンサーリンク




外転と内転の可動域

外転する股関節の可動域

足を外に動かす動きが外転です。

内転する股関節の可動域

太もも、足を内側に振るような動きを内転と言います。

股関節の外転の可動域は一般的には0~45°、内転は0~30°です。

股関節を外転する筋肉は主に体の外側にあり、内転する筋肉は内側にあります。

股関節を外転する筋肉:

股関節を内転する筋肉:

太ももの内側にある内転筋群が股関節の内転の動きに関与します。

スポンサーリンク




外旋と内旋の可動域

外旋の股関節の可動域

股関節を外に開くような動きを外旋と言います。

内旋する股関節の可動域

股関節を内側にねじりこむような動きを内旋と言います。

一般的な股関節の外旋の可動域は0~50°、内旋が0~45°です。

股関節の外旋と内旋する力は他の動きに比べると弱いものであり、各筋肉が複合的に外旋や内旋の動きを生じさせます。


股関節の可動域:まとめ

一般的な股関節の可動域をまとめると以下の通りです。

  • 屈曲が0~130°
  • 伸展が0~30°
  • 外転が0~45°
  • 内転が0~30°
  • 外旋が0~50°
  • 内旋が0~45°



スポンサーリンク