頸椎

首こり

頸椎ってどこ?意外と知らない首の骨の動きやストレッチなど。

更新日:

頸椎ってどこ?を骨格標本にて、頸椎の構造や動き、ストレッチのご紹介なども交えて解説します。

ebisu-seitai
ど~も、恵比寿整体院の内山です。

首の骨、頸椎は問題の多いところです。

首という構造自体、神経や血管が集中していますし、人体最大の弱点でもあります。

ツボもまた首には沢山あり、弱点でもありますが癒しのポイントでもあります。

意外と知らない頸椎について分かりやすく解説していきたいと思います。

意外と知らない背骨シリーズ



頸椎ってどこ?

頸椎はここ↓

横から見た頸椎

横から見た頸椎

頸椎の前には意外と知らない骨があります。

頸椎の前の骨

意外と知らない頸椎の前の骨、舌骨(ぜっこつ)

後ろから見た頸椎

後ろから見た頸椎

なんか骨格だけ見ると頸椎の上に重たそうな頭蓋骨が乗っていて頼りなさそうな骨格です、頸椎って。


負担の掛かりやすい頸椎

人間の頭の重さは成人で約5Kgほど。

頭の重さは体重の約10%と言われています。 体重50Kgの人だと約5Kgになります。

結構というかかなり重たいんですね、そりゃ首もコリます。

頭部の中で脳みその重さは成人では、男性は1350〜1500グラム、女性では1200〜1250グラムほどあり、体重の約2%くらいが脳みその重さなんですね。

もっと頭が軽かったらね、頸椎の問題も少なかったろうに、人間は頭が重いばかりに頸椎への負担が大きく、後述するような頸椎の問題も多いんですね。


頸椎は7つある

頸椎

首の骨、頸椎は上から第一~第七までの7つの椎骨をいいます。

頸椎は7つあります。

7つの椎骨と椎間板が交互に組み合わさっている構造です。

頸椎は頭蓋骨の下が第一頸椎で第七頸椎の下に第一胸椎があります。


頸椎はCと表記します。

背骨と頸椎

背骨

頸椎はcervical spine。略してCと表記します。

背骨はC1~C7が頸椎、T1~t12が胸椎、L1~5が腰椎です。


頸椎の弯曲

頸椎の前弯

背骨の生理的湾曲と頸椎の前弯

背骨は健全な状態では自然と前後に弯曲しています。

これを背骨(脊柱)の生理的弯曲といい、S字カーブとも言います。

頸椎は自然な状態では前弯しているのが普通です。

頸椎の症状

頸椎で起こりやすいのは、頸椎の椎間板ヘルニア、頸椎のすべり症、脊柱管狭窄症などです。

ともに頸椎や椎間板の変位による神経圧迫や神経症を引き起こします。

このような頸椎を含めた脊柱の問題は各専門医で診てもらわなければなりませんが、どのような症状なのか簡単に解説しておきます。


頸椎の椎間板ヘルニア

老化や事故などにより頸椎や椎間板の変位が起こり、神経が飛び出してしまう症状です。

ヘルニアとは飛び出すの意味で腰椎のヘルニアが有名ですが頸椎でも起こりえます。

腰椎では第5~仙骨、第5~4で起こりやすく、頸椎では第5~第6が起こりやすい部位です。


すべり症

頸椎、椎間板同士が組み合わさり、強力な靭帯で保持されていますが、老化や事故などで骨の変位があったりした場合、背骨同士がずれてしまうことがあります。

靭帯のゆるみや骨格、関節の変性で、骨どうしにずれが生じるのが頚椎すべり症で、それによって脊柱の中を走行する脊柱管が狭くなってしまったりするのが脊柱管狭窄症です。


脊柱管狭窄症

上記のような骨格や関節の変位で背骨の中を通る脊柱管が狭くなったり、圧迫されたりして変位してしまう症状が脊柱管狭窄症です。

頸椎には全身に通る神経が集中していますから、どのような部位に神経的な問題が出てもおかしくありません。


頸椎の動き

頸椎には主な動きが4つ、頸椎の屈曲と伸展、側屈と回旋があります。

頸椎の動きとともに4つの方向のストレッチ記事もご紹介します。首の柔軟性を高めたい方は各記事をご参考ください。

頸椎の屈曲と伸展

頸椎の屈曲

首を前に倒す動きは頸椎の屈曲です。

頸椎の伸展

首を後ろにそらす動きは頸椎の伸展です。

頸椎は前後に45度ほど屈曲、伸展します。

頸椎のストレッチにて、この2つの方向のストレッチのやり方を解説しています。


頸椎の側屈

頸椎の側屈

頸椎の左側屈。頸椎を左右に傾ける動きは側屈です。

頸椎の側屈は左右に45度ほど動きます。

頸椎の側屈というのは日常ではあまり意識して行うものではありませんので左右の偏りに気が付かないかもしれませんが、ほとんどの人は身体に偏りがあるので左右どちらか側屈しやすい方、側屈しにくい方があります。

あまりにも左右の違いがある方は、負担もどちらかに偏ってしまうので、頸椎の側屈ストレッチで柔軟性を養いましょう。


頸椎の回旋

頸椎の回旋

頸椎の左回旋。首を回す動きは頸椎の回旋です。

借金で首が回らない、とは嫌な言葉ですが、首を回す動きは頸椎の回旋です。

頸椎の回旋は左右に60度ほどです。

これもほとんどの人は左右に偏りがあるので、頸椎をねじるストレッチで柔軟性を養いましょう。


まとめ

ebisu-seitai
頸椎について解説してきましたが、頸椎について理解は深まったでしょうか?

施術の際には、頸椎の左右の側屈や回旋で偏りを診たり、左右の気の虚実(虚が不足で実が過剰)を診て施術の指針としたりします。

首こりのツボなども左右の虚実を整えるのにお役に立ちますし、ご紹介した頸椎のストレッチもセルフケアのお役に立てると思います。



関連記事・広告

-首こり
-

Copyright© ストレッチ・ツボガイドby恵比寿整体院 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.