長母趾伸筋のストレッチと働き・足の親指の伸展、足首の背屈の筋肉

長母趾伸筋のストレッチ
スポンサーリンク

長母趾伸筋のストレッチと働きの解説です。

筋肉の名前には伸ばす筋肉(伸筋や)、曲げる筋肉(屈筋)などがありますが、長母趾伸筋は読んで字のごとし母趾(親指)を伸ばす筋肉です。

反対に母趾を曲げる(屈曲する)筋肉は長母趾屈筋です。

長母趾伸筋は足の親指を上に反らす(伸ばす)働きと足先を上げる(背屈)する働きがあります。

goro uchiyama
ど~も、恵比寿整体院の内山です。

長母趾伸筋のストレッチと働きの解説ですが、この筋肉は足の親指を動かします。

他の4本の指は長趾伸筋が伸展させます。

一つの筋肉には主な働き、動きが一つあり、筋肉には初めと終わり、起始部・停止部といったものがあります。

筋肉の起始や停止、働きを理解し、その筋肉の働きと逆の動きをすれば、その筋肉をストレッチすることができます。

長母趾伸筋のストレッチのやり方とともに、長母趾伸筋の働きや機能解剖能なども解説しますが、解剖学的なことがめんどくさい方は飛ばして、ストレッチのやり方をご参考ください。

ストレッチ基礎知識



スポンサーリンク




下肢の骨格

長母指伸筋と骨格

右足前方からみた下肢の骨格

解剖学では足を下肢、太ももを大腿、膝から下を下肢と呼びます。

大腿骨の下に弁慶の泣き所と呼ばれるすねの骨、脛骨がありその隣が長母趾伸筋の付着する腓骨です。


長母趾伸筋

長母趾伸筋

長母趾伸筋

長母趾伸筋は腓骨を起始として足の指に停止します。


長母趾伸筋の起始と停止

長母趾伸筋の起始と停止

長母趾伸筋の起始と停止

長母趾伸筋の起始:
腓骨前面の内側中部

長母趾伸筋の停止:
母趾の末節骨底

長母趾伸筋の神経支配:
深腓骨神経


長母趾伸筋の触診

長母趾伸筋は母趾の足の甲側で触診できます。


長母趾伸筋の働き

長母趾伸筋は足の親指の伸展、足関節の背屈をする筋肉です。


母趾の伸展

長母趾伸筋の足の指の伸展

指を上に反らす動きを伸展、指を曲げる動きを屈曲と言います。長母趾伸筋は親指を伸展させる筋肉です。

筋肉にはその働きの反対をする働きを持つ筋肉があり、拮抗筋(きっこうきん)といいます。

長母趾伸筋の拮抗筋は母趾を曲げる長母趾屈筋です。

母趾以外の四指を伸展する筋肉は長趾伸筋、四指を曲げる筋肉が長趾屈筋です。

親指を伸展、屈曲する筋肉

親指以外を伸展、屈曲する筋肉



足首の背屈

長母趾伸筋の背屈

足先を上にあげる足首の動きを背屈、車のブレーキを足先で踏むような動きを底屈と言います。長母趾伸筋は足首を背屈させる筋肉です。

長母趾伸筋は前脛骨筋や第3腓骨筋とともに足首を背屈する筋肉です。

足首を背屈する筋肉


スポンサーリンク




長母趾伸筋のストレッチ

長母趾伸筋のストレッチですが、その働きである伸展と背屈の逆、母趾の屈曲と足首の底屈でストレッチすることができます。

長母趾伸筋のストレッチ

長母趾伸筋のストレッチはまず足首を内反と底屈させておき、自分で親指を完全に屈曲することでストレッチできます。

足首を内側に向け(内反)、足首を底屈させてから、手で他動的に親指を完全屈曲位に持っていくことで長母趾伸筋のストレッチができます。


深く行う長母趾伸筋のストレッチ

更に深く長母趾伸筋をストレッチしたい場合は、胡坐をかいて足を組みます。

深い長趾伸筋のストレッチ

足首が柔らかい方は足を組み、足首を十分に内反と背屈させて置き、この状態で手で親指を屈曲させてください。こうすることで足関節が十分に内側にストレッチでき、長母趾伸筋もより深くストレッチすることができます。

胡坐で行う長母趾伸筋ストレッチ

下にある足側の手を反対の膝に当てます。上にある足側の手を逆の膝に当てます。

ストレッチ完成形

前屈。この形はとても深く長母趾伸筋や足首をストレッチすることができます。

これは左右行うので、足の組み方を変えて左右行ってください。

足首がある程度柔らかくないと足を組めないので、足が組めない方はこのストレッチは無かったコトにしましょう(笑)。

足首のストレッチすねのストレッチとしてもご紹介している形でもあり、体の外側の側面は気の流れ(経絡)でいうと、胆経や肝経が走行していて、関節の力強さや腱を司ります。

そういえば肝経は足の親指まで走行していて、痛風というのも足の親指に出やすいので、全身って気の流れ(経絡)で本当につながっているんだと思います。

経絡について詳しく知りたい方は胆・肝経の働きとストレッチをご参考ください。

goro uchiyama
ご紹介した長母趾伸筋のストレッチは上手くできましたか?

長母趾伸筋は親指を持ち上げる筋肉なので、親指を下に曲げればストレッチできる筋肉ですが、スノーボードやスキーなどのスポーツで特に負担の掛かりやすいところです。

手の母趾は実はあまり多くの力が出せないのですが(手の場合、力をこめられるのは小指側)、足の母趾の場合はここで足を踏み込むことができるという力のこめられ
場所です。

足首と親指の付け根

親指の付け根の骨の部分、ここに一番力を入れやすいんですね。ここを軸に力(気)を伝えられるようになるよう修練をして意識的にここを軸に使えられるようになると何事もプロっぽい動きになります。

詳しくは足首の使い方にて解説していますのでご興味のある方はご参考ください。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です